FC2ブログ
情報社会を生き抜いていくための生の情報を発信していく‼︎
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
欲との共存

こんばんは。
今日は欲望について思っていることを書こうと思います。


欲望

この一言を見てみなさんは何を感じるでしょうか?
意地汚いとか傲慢な人が持つものの印象でしょうか?
僕はこう思います。

それはこの世の中を発展させるスパイスであると。


僕の周りでは欲望というものはあまり好かれてはいない気がします。しかし、その人たちを見ていると欲望の一側面しか見ていないという点が気になりました。

僕は欲望にも他のいろんな言葉のように二つの面があると思っております。

一つ目は先ほども書いたように世の中を発展させるスパイスであるという面。もう一つは世の中を破滅させる面です。極端と言っていいほど真逆の性質を持っていますね。

両方を簡単に説明させていただきます。世の中の発展を手助けた”欲望”とは、例えば渋沢栄一なんかがこれを持っていたと僕は考えます。

彼は500もの会社設立に関わったと言われていますが、何故このような偉業をなすことができたかというと彼の中に「(当時の)理不尽な階級制度はだめだ。『智』と『情』と『意』をもって才能を発揮する人物が、向上できる新しい社会制度がいる。これを創らねばならない」という”欲望”がふつふつと湧いてきました。

この欲望はのちの大企業を作り、国家を変え、世の中を発展させた。

反対に破滅させる”欲望”です。
今考えてふと思いついたことは、「増税」なんかがそれにあたるのではないかなと思います。

増税の理由として基本的には税収の回収を増やしたいというのが大義名分としてあります。しかし、国の調べによると増税をすると税収は減ることがわかってます。それは何故かというと、消費税の税収が増えるのに対し、所得税、法人税が大幅に減少するからです。

では国は何故増税するのか?
答えは増税することで政治家たちの給料が増えるからです。

これは自分たちのことしか考えず、他の人のことを考えていない”欲望”です。
こう言った欲望が世の中を破滅させるということです。


ほとんどの人は欲望という一言で後者を想像するのではないでしょうか?
正しく欲望を持つことは自分たちの成長を大きく進めます。
このことを知り、努力をすることは起業家にとって大事なことです。
きっと会社の推進力になります。


このように欲望にも素敵な一面があるのだと知れたら嬉しいです。
僕も欲望が行き過ぎないよう常に反省して、考え続けようと思います。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://shimpei0722early.blog.fc2.com/tb.php/26-f3402a31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。