FC2ブログ
情報社会を生き抜いていくための生の情報を発信していく‼︎
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
素敵な〇〇になろう
こんばんは。

もうすっかり冬ですね。
今年20歳になる人は成人式の準備が始まっていると思います。
いつのまにか20歳ですね。いやいや、早いですね〜。

中学生の頃は兄や姉を見て20歳は大人だと思っていました。だから僕も20歳になったら大人になると思っていました。いざなってみると(まだだが)全然子供だなと反省させられる日々です。

平均的な年齢からすると人生の4分の1を終えたことになりますね。
40歳にはどんなおじさんになっているのか、大人になれているのか、色々考えたりします。だけど、多分ですけど40歳になった時も同じようなことを考えるのだろうなと思います。

今回は自分の反省兼目標を久しぶりのエセ小説風にでも書こうかなと思います。(*´~`*)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いきなりだけど、今年で20歳になる俺は起業することにした。理由はいくつかあるが、昔から自分の心に引っかかっていたことがきっかけにある。

心の引っかかりは誰かのスピーチによる。

「人は夢を叶えたいという思いがあるのに夢を叶える努力をしないのだ。諦めの理論をたて、様々のものがないというのだ。お金がない、経験がない、学歴がない、才能がない、コネがない、そして時間がないというのだ。」

そのあとにその誰かはこう続けたのだ。

「人生を100年だとしよう。そうすると人生は876,000時間あるということになる。
睡眠時間を8時間と仮定すると、人生での睡眠時間は292,000時間。
0歳から20歳(活動時間)   116,800時間
70歳から100歳(活動時間) 175,200時間
残りは292,000時間。日にち換算すると33年4ヶ月なのです。この33年で世の中に還元していかなければならない。」

これを聞いたのは高校生の時である。俺はそのあと猛烈に自分の人生のあり方を反省した。なんて今まで無駄に時間を過ごしてきたのだろうか、俺はこのままじゃいけない、そう思ったのだ。

しかし、数日経つと俺はそんなことを忘れて普段の日々に戻ってしまった。そう学んだはずであるのにもかかわらず、諦めの理論を使ったのだ。そして今日までだらだらと過ごしてしまった。幸い、ここで学んだ「人に与えることが最も幸せであるんだ」という一言は覚えており、読書といった勉強はしていた。

歳を重ね、そうこうしているうちに今回の起業するチャンスがあった。そして起業を進める中、昔聞いたスピーチを思い出した。0歳から20歳まではただ与えられる時代である、そしてそれは70歳から100歳も同じである。もちろんドラッカーのように死ぬまでずっと働き続ける人もいる。だが、あくまで一般論としては70歳からは介護といった与えられる人生のが多い。

さらに考えるとこれは日本人だから言えることで他国はもっと短い寿命の中で世の中に還元しなければならないのである。日本人には大きなアドバンテージがある。

「これまではいろんな人に支えられ、生きることができた。次は自分が誰かの支えになる番だ。世のために活躍しよう。」

そう考えるように変わった。もしこのようなチャンスがなければ今の考えを持つことはできなかっただろう。そしてこれは40歳になる自分を大きく分ける運命であったと思う。

俺はまだまだ未熟だが40歳になる頃にはもう少しマシになっているはずだ。自分の人生を振り返る時、恥じる人生など今の俺はしたくないと強く思える。言葉で言えば皆そう言えるだろうが、果たして人に言われずとも自分自身言える人はどれくらいいるのだろうか。少なくとも俺はできなかっただろうと推測する。

俺は俺の人生を恥じないよう今回の起業を成功させていく。そのための努力を怠らない人であろうと思う。たとえ失敗してもそこから這い上がる人にもなろう。

さあ、新たな一歩を踏み出すとしようか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ここまで読んで下さりありがとうございます。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://shimpei0722early.blog.fc2.com/tb.php/30-583defb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。