情報社会を生き抜いていくための生の情報を発信していく‼︎
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学生と社会人
こんばんは。

今日は学生と社会人のお話で興味深い話があったのでその話をしたいと思います。

ちょっと昔の話にもなるのですが学生起業が多かった時があります。

バブル前の話だったと思うのですが、その時代は学生起業が多く、また成功していたみたいです。
それで一時期は起業ブームみたいなのが流行ったらしいのです。

しかし、年が過ぎると学生起業の会社は潰れていきました。

そこには責任感と言う言葉がなかったそうです。

学生たちの多くは、自分がしたいことをして、起業をし、一時的にはお金を稼いでいました。同じく、仕事を依頼していた大人がやる企業も、お金を稼ぎました。

それも長くは続かなかったそうです。企業が学生たちに仕事を依頼すると、だんだん仕事が遅くなり、最後には仕事をしなくなったそうです。企業側は「所詮学生か」とがっかりし、すぐに手を引きました。

学生たちが趣味のようにはじめ好きなタイミングで辞めてしまうことがあったのです。しかしそんな時代の中、学生だからとかの理由で取引を辞められるのはたまったもんじゃないと奮起し、ものすごく努力したところは、みるみる力をつけ、今では大企業と言われる企業もあります。

潰れていく学生企業と大企業になる学生企業の二つの違いには責任感という言葉の差があるように思えます。学生とは言えど、起業をするならただ好きなようにすると言うのではなく、取引先であったりもっと多くの人のことを考えて行動していかなければなりません。

対策としては、学生のうちから頼まれた仕事をやりきると言うことをしっかりとしていれば自ずと仕事ができるようになると思います。

起業は簡単ですが、難しいものです。
努力し続けることが成功の元と考え頑張っていくしかありません。

頑張るぞー(○´・Д・`)ノ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://shimpei0722early.blog.fc2.com/tb.php/32-3332065d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。