情報社会を生き抜いていくための生の情報を発信していく‼︎
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
燃えよ剣
こんばんは。

今日は久しぶりに書籍紹介しようかなと思います。

今回選んだ本は



『燃えよ剣』

です。著者は司馬遼太郎さんで数多くの作品を世に出しています。
司馬遼太郎さんの作品の有名どころとしては『竜馬がゆく』『項羽と劉邦』などがあります。

そんな中で今回『燃えよ剣』を選んだ理由はただ一つ。

新撰組副長、土方歳三がかっこよすぎたからです。笑


『燃えよ剣』は新撰組副長の土方歳三に視点を当てた小説であります。
過去の話であるのにもかかわらず、でてくる一人一人を見てきたかのように書く司馬遼太郎さんには圧巻されるばかりでありました。

土方歳三は「鬼の副長」として、鉄の掟で最強軍団・新撰組を結成させました。そして局長である近藤勇の右腕と呼ばれ、活躍した人物である。

今でいうと新撰組というのはブラック企業と呼ばれるような非常に厳しい起きてがありました。
しかし、それでも軍団として活躍したのは間違いなく、土方のおかげであります。
そんな男に僕は小説を進める中、どんどん惹かれるのでした。

僕はなぜ彼にそこまで惚れ込んでしまったのか。
理由は簡単です。「士道」を愚直なまでに貫き通した土方の生き方に魅了させられたのです。
言い訳をせず、行動に移すことを実践した男の背中はやはり魅力的なものでありました。
女の人であれば誰しも惚れること間違いなしの人ですよ。


また、土方は近藤を支える身として新撰組では活躍します。
そのナンバー2としての動きにはやはり目を見張るものがありました。
参謀のあり方というのでしょうか、少し荒々しいところもあるのですが、そこがまたなんとも良いという感じでした。もし、土方と近藤が逆の立場であったら新撰組はここまで大きくはならなかったのではないかと思うほどすごいものです。


『燃えよ剣』は教養としても読むのには十分な書籍だと思います。
ぜひ一度手にとって土方歳三という男の魅力に触れて見てはいかがでしょうか??(*´∀`人 ♪
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://shimpei0722early.blog.fc2.com/tb.php/35-e94db894
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。