FC2ブログ
情報社会を生き抜いていくための生の情報を発信していく‼︎
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
陸王
こんばんは。

今日紹介する本は、

『陸王』ー池井戸潤 著ー

です。この本は数年前、ドラマ「半沢直樹」の元となった『俺たちバブル入行組』といったものを作り上げた池井戸潤さんが、足袋業者がランニングシューズの業界に参入していくお話です。
本日はなぜ、これを勧めるかと言いますと、一種の創業的観点があると思うからです。

最近、書籍紹介ばかりで忘れがちですが、これは起業に関するブログでもあるのでこういったところも扱わないとですね。(笑)


さて、本題に戻って行きましょう。
この本の面白いところは感情移入しにくい人でも本当にビジネスを感じられる本だなぁと思ったことです。

ビジネス書といったものを学ぶにあたって最も大事となることにどれだけその考えを自分のことのように考えられるか、つまり、どれだけ感情移入できるかだと思うんです。

そしてこれが意外とできないものであるのです。僕自身一番痛感したのはこの点で、起業する前と起業した後では学びの一つ一つが全然違ってくるのです。

そしてこの本は非常に感情移入しやすく事細かに情景描写をしているからだと思います。

さらに、この本は経営者としての視点があるので、普通の人である時の社長と経営者の時の社長の雰囲気のかわり具合とかもトップとしてのあり方が勉強になります。

そしていろんな人が社長にアドバイスすることが本当に大事なことが多く、そういったところも学びになります。


最近読んだ小説の中で一番と言っていいほど楽しめるものでした。
皆さんもぜひ一度読んでみてください。(´∀`*)
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://shimpei0722early.blog.fc2.com/tb.php/37-156b84f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。